学術活動

自然資源の管理について、 農林産品と場所の関係に着眼して制度・政策を研究しています。

風土・生物多様性と地域の営み・文化の関係を考えています。地理的表示の保護、認定・遺産への登録、生態系サービスへの支払い(PES)森林環境税、REDD+の制度・ブルーカーボン、地域の生物多様性指標と戦略を分析し、実践を通した社会への還元も目指しています。具体的な論文紹介、獲得プロジェクト、業績については下記のリンクをご覧ください。